CHECK!

・使っているオイルがべたつく感じがする

・reFREOでお客様にあったオイルをご紹介致します!
・使い方やオイルの成分で良くも悪くもなります!!

  • null

    POINT01

    SINNマルチオイル

    スタイリングやタオルドライ後のヘアケアはもちろん、ボディの保湿にも。
    芯から潤い美しさ放つ、Too Goodなヘア&ボディオイル。
    髪にも肌にもすっと馴染んで浸透し、内側からケアする美容オイルは、ヘアスタイリングとして、タオルドライ後のトリートメント、ボディの艶や保湿にも、全てのシーンにToo Goodにフィットするオイル。


  • null

    POINT02

    trackオイル

    植物の恵みを惜しみなく凝縮し補修力に優れた、天然由来成分99.19%のマルチ美容オイルです。乾燥しがちな毛先に、いきいきとした自然なツヤを与え、しっとりとまとまりのある表情を演出します。乾燥が気になる季節には手放せないリッチなうるおいを与えるオイルです。使用量をコントロールする為に、専用スポイトを付属しています。

  • null

    POINT03

    N.ポリッシュオイル

    シアバターなどの天然由来成分だけで作られた、肌にも使えるマルチユースなオイル系スタイリング剤。髪にウェットな質感とツヤ感を与え、一日ロングキープします。髪の広がりやパサつきが気になる方にもおすすめです、ボディオイルとしても使えます。

お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 9:30~19:00
  • REASON
    01

    なぜマルチオイルなのか?

    使いやすさ、コスパ、いつでも使える

    マルチオイルとは?

    マルチオイルは、全身に使えるオイルのことです。1本のマルチオイルで髪、顔、全身のケアができます。髪のパサつき、顔や全身の乾燥が気になるとき、マルチオイル一本でさまざまなトラブルを解決してくれる万能な商品です。

    「油脂」は植物の種子からつくられる成分のこと。アルガンオイルやマカダミアナッツオイル、オリーブ果実酒などが油脂とされてます。人の皮脂の構造と近く、肌なじみが良いです。
    「炭化水素油」はワセリンやスクワランオイルなどのことで、肌への刺激が少なくうるおいを保つ働きが高いのが特徴です。
    「ワックスエステル」は肌の主成分の1つです。例えばホホバオイルなどがこれにあたり、肌に近い成分のため肌なじみをよくしてくれます。



    ダウンロード (6)
  • REASON
    02

    マルチオイルのメリット・デメリット

    長く使っていくために・・

    コスパが良さ・注意点

    マルチオイルの魅力といえばそのコスパの良さです。1本でいくつかの役割を果たしてくれるため、その分何個も化粧品を買う必要がなくなります。
    ヘア保湿、スタイリング、体の保湿クリームなど1つ1つの化粧品を買っているとかなりの値段になってしまいます。しかしマルチオイル1本があればそれらの役割をすべて果たしてくれるので多少いいものを買っても最終的にお得になるはずです

    *日中にオイルを付けたい場合は、「純度」と「成分」を確認しましょう。不純物を多く含む純度の低いオイルは酸化しやすく、純度の高いオイルは酸化しにくいです。そのため、日中オイルを付けるなら純度の高いオイルを付けるのがおすすめ!
    成分を見る際には熱に弱い成分に気を付けましょう。代表的なのは、グレープシードオイル、ローズウッドオイル、馬油、亜麻仁油です。逆に熱に強い成分は、ホホバオイル、

    アルガンオイル、ココナッツオイルなど。これらの成分を調べてから使うといいですね!

    ダウンロード (7)
  • REASON
    03

    マルチオイルの使い方

    タイミングと効果

    全身パーツ別の使い方

    顔に使用する際の使い方
    マルチオイルを顔に使用する方法の1つとして「ブースター美容液」があります。洗顔後一番初めに顔に塗ることで、マルチオイルが美容液に含まれる肌になじみにくい成分との仲介し、肌の角質層まで浸透するのをサポートします。
    2つ目に顔の保湿として利用する方法。化粧水などのスキンケア後マルチオイルを塗ることにより、オイルの油分が肌に蓋をして水分が飛ぶことを防ぐことができます。
    3つ目に顔のマッサージをする前にオイルを顔に塗る方法もおすすめ。マッサージをする前に肌にオイルを塗ることで摩擦を防いだり、香りを楽しんだりできます。


    髪に使用する際の使い方
    スタイリング剤として使う方法があります。オイルを付けることによりパサつきをなくし濡れ髪を作れたり、艶感、こなれ感を出したりすることができます。


    体に使用する際の使い方
    体の保湿にオイルを使うなら入浴後すぐ!オイルは水分に反応すると乳化反応を起こし肌の角質層まで浸透しやすくなるのです。手のひらで温めると伸びが良くなります。肌に優しくなじませることで、肌の摩擦を防げるのでいいですね。


    ダウンロード (6)

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム